「モンゴル・ファッション2020」3種の神器、デール、眉毛タトゥー

モンゴルのファッション2020

モンゴルの女性はモンゴルの民族衣装のデールやスカートにスニーカーというファッションが流行っています。若い女性たちが体にピタッとした服を着るのは若い頃にしかできない美しさを表現したいからです。

首都のウランバートルに初めてきた田舎のモンゴル人が市内の発展、女性の美しさでびっくりすることはよくあることです。日本人が聞いたらあり得ないと思うかもしれませんが、モンゴルでは本当に大草原で動物や近所の人しか見てない人が首都ウランバートルに来たら驚きます。

民族衣装デールとは?

モンゴルの民族衣装の事をデール(Дээл)といいます。民族によって呼び方や形に少し違いが有ります。

一般的には立ち襟で裾と袖の長い衣服です。右肩と右脇の辺りにボタンがあります。デールのスタイルも変わってきて都会の皆さんも日常的に着ています。

現在、デールは仕事や結婚式はもちろん、家や学校など一般的な普段着としても使います。また、どんな生地でもコート、シャッツ、ドレスなどでも使われます。

デールは体の表面を覆う面積が多く、機密性が高い作りに成っています。布団代わりとしても使えます。長い裾や袖をタオルやハンカチ代わりに使えます。

長い裾は、風呂敷の様に物を包み込む事が出来、運ぶ時に重宝します。長い袖は手を保護する手袋として利用できます。足を広げやすく、乗馬の時邪魔になりません。日本の着物と同じように、ふところがあり、ポケットとして使えます。

眉毛タトゥーとおすすめのお店、値段、痛くないですか?

人気の伝統的アクセサリー


モンゴルの伝統的な風景を表すアクセサリーを紹介します。それは、モンゴル国内でものすごく売れている「Yalguun Accessories」の小物が民族衣装の伝統要素を現代のファッションに取り入れていてユニークです。

祖先から使ってきた絹を現代ではシルキースカーフやスカーフリングやカバンや携帯ケースやピアス・指輪・ネクレスや男性のため名刺ケースやキーホルダーやスカーフなどを作っています。外国人に喜ばれるモンゴルのお土産の一つです。

現代のモンゴル人にとっての「3種の神器」

最近モンゴルでは「iPhoneやプリウスや毛皮のブーツを持ってないのはモンゴル人じゃない」という言葉を耳にします。

「iPhone、プリウス、毛皮のブーツ」がモンゴルでの三種の神器です。モンゴル人はこの3つを持つために頑張っています。

三種の神器1. iPhone

日本では知らない人はいないiPhone。モンゴルでも大人気で、iPhoneはモンゴルでは値段も高く高級品ですが、無理してでも買います。

三種の神器2. 毛皮のブーツ

モンゴルは日本と比べてものすごく寒いです!寒いといっても想像以上で、首都ウランバートルは世界一寒い首都と言われています。 モンゴルは一年の半分は寒いので、きちんと対策しましょう。 このような寒さのため、モンゴル人は普段ブーツを履いて生活します。モンゴルのブーツは毛皮や革でできていて、トナカイでできています。これは日本円で4~5万円します。

三種の神器3. プリウス

モンゴルでガソリンはすごく高いので低燃費の車が人気です。どれだけプリウスが人気があるかともうしますとモンゴルで走っている車の52.5%がPRIUSです。プリウスの良いところはだからです。モンゴルの交通事情は、道が数時間の大渋滞に巻き込まれるので、電気とガソリンの低燃費なハイブリットが人気です。

カシミア

カシミヤの生産は世界でトップ5を誇ります。モンゴルの大草原で放牧しているヤギの毛が原料で、カシミヤはアレルギーを引き起こさず、柔らかいので、子供から大人まで敏感肌の人におすすめです。また、カシミヤは保温力があるので寒い季節にもピッタリです。このようにモンゴル人は生まれてからカシミヤを着て育っています。

モンゴル人デザイナーの人気ショップ

モンゴル・ブランドのお店
カシミヤ:GOVI CASHMERE
マット:Erdenet Carpet(羊毛で作る)
コート:Darkhan nekhii LLC(羊の毛皮のコート)
靴:SELENGE GUTAL.LLC(トナカイの毛皮ブーツ)

眉毛タトゥー


モンゴルの美容業界は常に進化しています。モンゴルでは女性だけでなく男性も眉毛にタトゥー、入れ墨をします。それをする理由は自然で美しく見せるとおもっているからです。眉の形は、個人の顔の特徴に合わせて決まります。


以上になりますが、PDAA MONGOLでは「モンゴルの未来を明るく豊かな未来に変えていく」をミッションにモンゴルで様々な事業展開をしています。モンゴル進出支援事業も行っておりますので興味のある方はお気軽にお問い合わせください。