事業内容

PDAA MONGOL LLCでは、多岐にわたるサービスを展開しております。

1.日本進出支援事業

日本市場への進出を希望するモンゴル企業向けに、日本国内での法人設立手続き、各種許可証の取得手続き、日本企業とのマッチング、ビジネスモデル構築、および、販路開拓支援を行っています。

PDAA MONGOL LLCは、一般社団法人国際営業代行協会(PDAA)を日本の窓口として連携し、事業を進めて参ります。PDAA(Practice-Development-Agent Association)は、営業という職種に新しい価値付けをする協会として、教育、資格、機会の3本柱にて事業を展開しています。教育機関、企業、政財界との強力なネットワークと、過去の豊富な実績・信頼を背景に、日本進出を希望する企業を支えます。

お客様にとっては、言葉の壁や日本独特のルールによるはんざつな手続き業務に必要以上の時間を掛ける必要がなくなります。また独自の人的ネットワークを活用することにより、日本の商習慣に合わせたビジネスパートナーとの協業関係が構築されたり、当該ビジネスが対象とする最適な既存販路を獲得できたりしますので、スピーディな事業展開と着実な利益を生み出す体制構築を同時に実現することが可能です。

2.教育事業

グローバルなビジネスシーンで活躍する次世代のリーダーを育成し、モンゴルの発展に貢献することを目的として、各種教育事業を展開しています。
語学教育は、日本語、英語、ドイツ語、韓国語、中国語、ロシア語の6言語に対応しています。

モンゴル企業向けには、日本の第一線で活躍する経営者、大学教授、プロコーチ、講演家などを招いて、定期的な講演会やセミナー、企業研修を実施しています。また、日本のパートナー企業の協力により、日本国内での技術研修や資格付与を行っています。

平成28年11月28日に公布され、平成29年11月1日に施行された日本法「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)」に基づいて実施されている技能実習制度に関して、モンゴル国内の送り出し機関および日本国内の受入機関双方との連携により、技能実習生の語学教育および技術教育を実施しています。

3.Cryptocurrency Business

現在、世界で最もトレンドな投資対象と言われる「仮想通貨」。わたしたちは、その中でも特に将来性が豊かなビットコインに注目しています。国内外のお客様に手堅く未来資産を築いていただくために、ビットコインのマイニング工場「MB farm」を運営しています。

今や日本では、マイニングで利益を出すことが難しくなりつつありますが、MB farmでは、モンゴルの気候、電気代、人件費などの好条件を背景に、着実な利益を確保することができています。

また、わたしたちは、モンゴル最大手銀行のひとつであるTDB(モンゴル貿易開発銀行)と提携しているため、モンゴル国内での透明性の高い企業分析・選定により、信頼あるモンゴル企業と協力関係を築きあげることで、お客様に安心していただける体制が整っています。